Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C203] 地球

タフで 優しい 感性が 育っていきますよ~

親子の絆は 深い!
冒険しまくりやね~子河童くん

あったか家族 万歳!


尚、「大岩事件」は、警察の ファイルに保存されます。

[C206] 翔丸さんへ(大岩事件)

本当に「Xファイル」もんでした!!

[C2178]

子供って本能的に こんな父親像に憧れ 求めていると思います~彼は将来 炭人的パパになるでしょうね(^ー^)
どんな時も ポジティブに楽しく面白がる感性は 流石です~(^O^)
  • 2011-10-01 11:33
  • イッセイ
  • URL
  • 編集

[C2179] イッセイさんへ

こちらへもコメント頂きありがとうございます(^-^)
何があったって楽しめる人間になれたら、こんなに幸せなことはないですよね~☆
  • 2011-10-01 14:02
  • 炭人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sumincyu.blog74.fc2.com/tb.php/223-bddc382a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過去最高傑作!!『たまには』衝撃の結末が!!












早朝から公園へ。

息子に「バッタとりにいこう」と、お誘いを受けたので、
自転車で近くの公園へ。

何時ものようにさくらんぼを頂く。
「パバ見よってよ」
さくらんぼの木に登っていく。

彼は木登りが好きだが、いつも手伝わされている。
しかし、今日は違った。

「おっ」と俺を引き込む、「足さばき」を始めて見せてくれ、
見事に登り切る。

誰から教わった訳でもなく自然と身に付いたものは強く、
生涯使える‘術’となる。



その後も俺流で「ちゃんと観てやる」。



誰もいない滑り台、彼は滑るよりも登る方が好きなんだろうか。

「パバいっしょにのぼろ」と言う。

ならば、こっちの方が面白いよと、
一般的な親には「危険だろ」とお叱りを受ける方へ誘う。

彼も男。瞬間的に「ワクワク顔」に変化する。

やっぱ俺の子。

『危ないことが楽しい』ことを知っている。


二人して滑り台の転落防止の外側を登り始める。


途中、彼が足を滑らせ、‘ぶら下がり健康器’みたいになってしまったが、
腕一つで身を守り、

「ちゃんとつかまっとるけんいける」

と、やる気まんまん。


上へ登るにつれ、地面との距離が離れていく。


落ちたらちょっと危ないな…。
ゴールはそこだよ。
気を付けて…。


心の中で応援と心配を繰り返している。


そんな中、
彼が大きなことに気付く。



「もうこわいけんやめる」



これ、物凄く大切な気付き。




子どもは『危険』をちゃんと知っている。

「子どもは無理をしない。」


それを目の当たりにした瞬間だった。



そして彼は滑り台の外枠から中に入り、安全圏で上まで登る。



今彼は4才にして、4才でないと味わえない経験をもって、
感性や感覚を養ってるのかも。



そしてその感性や感覚が生涯の良き友となる。



次に見付けた彼の遊びは、虫取り。小さなカナブンの仲間を発見。

「指だけで持つと死にやすいよ」と言うと、
「こう?」と、両手を花のつぼみのように膨らませそこへ虫を入れてやる。

「そうそう」と微笑む俺。
内心は「やるやん」と思っているが、言わない。

あんまり誉めると、それが彼の「目当て」に変わってしまい、
大切な本質から離れてしまう。

虫かごに入れようとする彼。


「パパしんどぉ!」


大切に可愛いおててで、柔らかく包んであげてたのに死ぬわけないよ。


「そいつはな~、死んだふりしてるだけよ~。そんでな、捨ててもらおうとしてるんよ~。」

と教えた矢先、


「あーっ!」


飛んで行っちゃいました(笑)




「ほな俺たちも帰ろか~」



「イヤー」



彼、また何やら遊びを発見(笑)


それが大惨事に発展することに…


と言うのは言い過ぎだが、ちょっとしたハプニングが起きる・・・



急勾配(きゅうこうばい)の芝生を段ボールやらで滑る遊び場。


よりによってそこを「自転車で掛け降りる」と言う。


瞬間的に全体を感じ判断し「いいよ」と言うが、


昨日までの雨でタイヤが横滑りしないかという心配と、
誰かが彼の自転車のサドルを思い切り高くしていて、
彼のサイズでないので足が地面に届かないことが気になった。



しかし、彼に迷いはない(笑)



急いで写メを構える俺。



行きよった!



一枚写メに収めるが、その向こう側で…



下り切ったところに、昨日の雨でできた土と芝生の境目に大きな段差があり、
そこでバランスを失い自転車が横転!



彼はゴロゴロゴロゴロ!!



泣き出した!

顔を押さえて泣き叫んでいる!

痛みには慣れている彼がこれほどまで泣くことは無い!


やばいか!?


慌てて、乗っていた自転車を投げ捨て彼の元へ駆けつける。


ひれ伏せた彼を抱き上げた。
瞬間的に「体は大丈夫」なことを感じ、安心する。


しかし「いたいー!いたいー!」と、おでこを押さえ泣き叫んでいる彼。
手をそっとどけ、顔を覗きこむ。

「恐怖」これが泣き叫ぶ原因だと判断し、
しっかり抱き締めてやる。

彼が叫ぶ「いたいー!」へのケアは一切無し。
ひどい父親(笑)


ソシテ、オレ、オモイタツ…


「見とれよ!パパが仇(かたき)取ったるからな!!」

そういうと、坂を駆け上がり自分の自転車に乗る。


「見とれよ~!!」


泣きじゃくる彼の目線を確認すると、

彼がチャレンジした急勾配の坂道を、へっぴり腰で駆け抜ける(笑)!

彼がやられたポイントも無事クリアし、振り返る俺。



「どや!」



「仇取ったぞ!」



「… 」



どういうことですか?
って顔で見ている(笑)



「まあいい」そう思った俺は、



まだ泣き止まぬ彼をもう一度彼の自転車に乗せ、
転倒から5メートル程坂を上がったところから
サポートしながら走らせる。


そしてもう一度・・・。今度は俺のサポート無しで。
「ガタンガタン」転倒する理由となった「段差」を、
自分自身でクリアーさせ、


彼の「トラウマ」を和らげてあげる。


まだ泣く彼を、
俺の自転車の後ろに乗せてやり、
彼の自転車を前のカゴの上に乗せ、
早朝から起こった様々な出来事と気付きとハプニングに、

「ありがとうございます」

と、何回も何回も感謝を述べながら帰路についたのであった。




最後のハプニングは、



「彼なら大丈夫」という信頼感と、
「ゴー」を出す俺の判断力を試されたのではないだろうか。



彼にとっては少しの怪我で済んだ上に、いろんなことが味わえて良かったと思う。



「彼の身になった」と思っている。




以上





『おまけ』


彼を幼稚園に送り、炭の仕入れに行く途中、
大好きな海の前を通ったので寄り道して海を眺めることに…



そこで、本当に!本当に!ほんと~~~に!!
恐るべき出来事が起こる!!!


車を何気に止めて目の前にあった大岩にひょっこり座り、
海を見たり日焼けを楽しんだりしながら、
この今回のブログを綴っていると…


突然『大きな違和感』を体に感じる!!


何と!俺が座っていた200キロもあろうかという大岩が、
ズズズズッ!!っと急勾配の坂を滑り出したのだ!!


危ない!!!


瞬間的に俺は大岩から飛び降り、
大岩を背にすざましい恐怖を感じながら数歩走り、
左に座す他の大岩の陰へ飛び込む!!


間に合った!!


間一髪!!


下敷きにならずに済んだ…


大岩は「ゴワン!ゴワン!」と、
地響きを立てながら真横を転がっていく…


しばし唖然とするも、


「俺で良かった…」と心底思う。


これが他の人や子供だったらどんな大惨事になっていたことかと…


そう思うとまた、


「俺のところでありがとうございました」と言うしかなかった。


そこは近くのリゾートホテル管理の駐車場なのだが、
たまたまそこの従業員の方が居たので、
今あった出来事を話し、
たくさんある大岩を1つ1つチェックするように念を押してお願いしておく。


あんなにたくさん大岩があるのに、
あそこにピンポイントで座った俺って一体…


俺の人生に時々訪れる「九死に一生」。


今まで五体満足で生かして頂いているのがほんとに不思議。




ん?ひょっとして息子も俺と同じ道を?




「大岩事件(笑)」これってもしかして、

これこそが息子の仇打ち!?



そう考えたら、面白くなってきた。

どうやらあれくらいの「チャリンコ仇打ち」では許してくれなかったようですね(笑)



失礼しました(笑)



炭最高!身軽最高!九死に一生最高!人生超最高潮!!

sumincyu炭人

コメント

[C203] 地球

タフで 優しい 感性が 育っていきますよ~

親子の絆は 深い!
冒険しまくりやね~子河童くん

あったか家族 万歳!


尚、「大岩事件」は、警察の ファイルに保存されます。

[C206] 翔丸さんへ(大岩事件)

本当に「Xファイル」もんでした!!

[C2178]

子供って本能的に こんな父親像に憧れ 求めていると思います~彼は将来 炭人的パパになるでしょうね(^ー^)
どんな時も ポジティブに楽しく面白がる感性は 流石です~(^O^)
  • 2011-10-01 11:33
  • イッセイ
  • URL
  • 編集

[C2179] イッセイさんへ

こちらへもコメント頂きありがとうございます(^-^)
何があったって楽しめる人間になれたら、こんなに幸せなことはないですよね~☆
  • 2011-10-01 14:02
  • 炭人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sumincyu.blog74.fc2.com/tb.php/223-bddc382a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

炭人渡辺

Author:炭人渡辺
こよなく炭を愛する男。
様々なアイデアで炭の普及に努めている。
H21.5.8 徳島市中央卸売市場内にて炭の専門店「徳島炭市場」を立ち上げる。

*当ブログはリンクフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

FC2アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。